FXトレードで成功するために

FrontPage

チャート上に現れる気の流れとは

画像の説明

チャート上に現れる「気」の流れを感知するのは、いわゆる相場観を感じ取る体の感覚に他なりません。

チャート上に気の滞りを感じ、それを避けるように気の流れが動いていきます。

もともと気の流れの判断をFXチャートで検証していく作業をしていました。

明確な指標としてFXのチャートを利用していたからです。

そして、絶対相場観FXと称してリアルタイムでトレード記録を残しています。

さて、私のトレードスタイルはいたってシンプルです。

上か下かを相場観で感じるだけです。

そして4時間足で動向を確認、30分足でトレード。

エグジットの指標としてレジサポライン、ボリバン±2σラインもしくはMA21ラインを使用していますが、面倒な時、時間の無いときは10pips利確です。

勝率は90%強、リスクワードは1:1です。

さてエントリーの指標ですが、それに使用しているのが(絶対)相場観という身体感覚(と表現しておきます)です。

ひょっとすると、それは特殊な能力のように思われる方がおられるかもしれませんが、そうではありません。

この相場観というものはある程度FXを経験された方なら、少なからず身についているのもではないでしょうか。

そして、それはFXに限りません。

どんな業種、技術であっても具体的な数値ではなく、身体感覚(指先、目、直感など)による判断ってあるんじゃないでしょうか。

でもその感覚って明確な基準が無く、あいまいだったりするんですよね。

ですから、その感覚に基準を設けるところから検証ブログはスタートしています。

そして現在では、自分の中である程度明確な指標として用いています。

FX-N5という名称についてですが、検証にあたってその方法を最初A方式と分類してスタートしました。

すこし変化させてA-2、A-3、大きく変化してB方式、そして現在はN-5方式というわけで、つまり分類番号以上の理由はありません(笑)。

的中率は90%としていますが、じつは条件付きで100%なんです。

それは身体感覚に頼るという方法ですから、体調によるんですね。

体調が悪いと、やはり感覚が鈍ります。

そういう時に無理やり結論をだそうとすると間違うときがあります。

あとは単純な凡ミス、勘違いなどです。

ひどい時は気流診で上と判断しておきながらショートしているときがあって、あとで気づいて「なんで売ってんだ!」とパソコン画面に向かって叫んだりしています(笑う)。

興味がある方は覗いてみてください。

絶対相場観FX
http://sizenn.touyouiryougijyutukennkyuukai.com/index.php?QBlog

潜象界FXトレード記録ブログ

FX専業リアルトレード記録

http://sizenn.touyouiryougijyutukennkyuukai.com/index.php?QBlog

気の流れを応用したリアルトレードです。
               可能な限りエントリー前に予想をアップしていきます。

興味のあるかたは覗いてみてください。よろしくお願いいたします。

こちらをクリック⇒気の流れとは

小利でよいので確実に利益を得ていくトレードを目指していきたいと思います。

目標は1つの時間足、チャート表示はローソク足のみ、他のテクニカル指標を使わず、可能な限り単純で簡単なトレードルール。

1日に何時間もチャートに張り付くような作業をせず、短時間で終わらせ、1日平均10pips、月間200pipsを利益目標とし、だれでも参加できるように資金10万円からできる投資プログラムを完成させ、多くの方の夢を実現させる方法を確立したいと思っています。

さらに検証作業は続きます。

今後ともよろしくお願いいたします。

30分でわかる経済の仕組み

お勉強タイムです(笑)

一息つきませんか、おすすめの一曲です

トレード記録 (初めてのリアルトレード)

参考までに、マエストロFXで学んで最初にトレードした月の成績です。今思えばダメダメトレードばかりでしたが、なんとかプラスで終えています。

その後も勝ったり負けたりありましたが、月トータルでマイナスを1度もだしていないのはマエストロFXという教材が優秀だったからだと思っています。なお、この教材に出会う前にもさまざまな教材を試していますが、利益を出せたのはこの教材だけでした(もちろん手法との相性もありますが・・・)。

1か月間 合計31トレード
トータル獲得pips 115.7(1回平均では約3.8pips)
1回最大獲得pips 41pips
1回最大損失pips 23pips(ロスカット20pipsで固定していたため)

10万円の証拠金で1万通貨トレード 利益 11833円

エントリーの前に

1、目の力に頼りすぎてはいけない。あくまで胸の感覚が重要。
2、思い込みを排除すること。イメージで気滞をつくりだしてしまう。
3、欲に負けると利確を逃し、また適切な損切ができない。
4、迷った時は撤退すること。相場は上がる、下がるの他に「わからない」が存在する。
5、あせらないこと。あせると緊張し力が抜けない。

FXで収入を得るべく勉強したいとお考えの方へ

FXトレードを格闘技に例えるなら、どのような格闘技術(トレード手法)を選択するかはあなたの好みです。あなたの性格や体力に合わせて選択していただければ良いと思います。

ただ、組技系、打撃系などさまざまな技術(手法)がありますが、基本原則はみな同じだと考えてください。

さて、格闘技であるからにはFXは暗記系の科目(お勉強)ではないということです。

つまり教材で勉強しただけでは勝てない。

教材で学べるのは基本の型だけです。さらに練習(デモトレード)をして実戦を経験して、
一度くらいは大敗を経験すべきでしょう(笑)いや、本当に。

ではその中でも優れた教材はというと、マエストロFXとビクトリーメソッドアドバンスです。

理由はFXを学ぶのに必要な実戦動画が圧倒的な質とボリュームをもって存在しているということです。その数400本以上。いまも増え続けています。

FXが動的な実戦であるということを考えると、動かない印刷されたチャートで勉強するのには限界があるんです。どうしても実際に動いている動画の中で解説してくれる教材が必要。

それが上記2つの教材は他の教材を質、量ともに圧倒しています。

迷う必要はありません。書籍、商材など含めて初心者の方にどれか一つをというのであれば、マエストロFXで学んでいただければ間違いありません。

基礎から学びたい方にはマエストロFXを。ある程度基礎はあるので実戦を学びたい方にはビクトリーメソッドアドバンスを。

どちらも行き着く先は同じですから、結果的にどちらを選んでいただいても構わないかと思いますが。

ビクトリーメソッドアドバンスとマエストロFXの違いについて

a:10398 t:3 y:6

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional