FXトレードで成功するために

気の流れとは

気の流れとは

とも助独自の指標です。

気にはスムーズ(平)か否か(乱)しかありません。

平の場合は現状維持。

ですからその時点での方向にエントリーということになります。

つまり上昇ならそのまま上昇、レンジならレンジ状態を継続。したがって上昇傾向で気の流れが平と出た場合は押し目買いをします。(必ず押し目をまってエントリーします。少しでも損失のリスクを減らすためです)

乱の場合は現状から変化します。

しかし、その後の変化の方向性まではわからないので、基本的にはノーエントリーとなります。

例えば、下降傾向の時に乱となれば保ちあいか、もしくは反転上昇となります。確率的に保ちあいに移行する場合が多いですが。

とにかく気の流れが乱の場合は次の変化を待ちます。

例外もあります。

基本ルールでは気が乱の場合はノーエントリーですが、スクイーズからの乱は別です。

気が乱となったら、それは変化の兆しとみて上か下のどちらかに抜けた方にエントリーします。

動かなかった値が動き出すわけですから、動いた方にエントリーします。その場合「だまし」は無しとみます。

逆にKI値が平のままだったらラインを抜けても「だまし」の可能性が高いとみてエントリーを控えます。

なるべくエントリー前に気が平か乱かを発表しますから上記のルールをもとに皆さんも推理してみてください。けっこう面白いですよ。

「気の流れ」の有効範囲は判断2~4時間となっております。

基本的にはデイトレードです。

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional