潜象整体への道

らくっと整体では、次の目標を実現するために努力してまいりました。

 

1、いかに最速でプロとして通用する技術を修得するか

 

2、安心して、気楽に開業するための準備方法

 

3、開業資金がない、資格取得費用がない、時間がかけられないを解決する方法

 

次の段階として、技術の幅を広げるために「気流診」を取り入れた整体技法の構築を目指すことにしました。

 

気流診とは古代望診法のことです。

 

これは古式整体の「見の技法」にも通じるもので、整体・整復の達人技とされているものになります。

 

いままでの私の整体技法は施術者の手の感覚から伝わってくる筋緊張、骨格の歪みを矯正することが目的でした。

 

もう一段階踏み込んで、上の境地を目指そうとしているのです。

 

「見の技法」は、見ただけで歪みと矯正ポイントを判断するという技法です。

 

触診と何が違うのかと言いますと、触診ではあくまで人体を構造物として捉えた診断法となりますが、見の技法においては人体を生命体として捉えるということです。

 

そこで見るのは構造上の歪みではなく、生命としての自然の理から逸脱したものを見る、ということになります。

 

ですから、触診など通常の診察では感知できなかった隠された原因などが浮き出てくる可能性もあります。

 

もちろん、いままでの構造的な問題の解決方法としても有効で、矯正ポイントを絞り込むことや、歪みの元凶を発見することにも役立てることができます。

 

ただ、人を生命そのものとして見る場合、どうしても触診など、構造的不具合の診察だけでは足りないものがでてくるのです。

 

私は今後の整体技法には「見の技法」が必須となると考えています。

 

その修得とそれを元にした整体技法体系の構築にとりかかろうと思います。

 

潜象整体とは

潜象整体の「潜象」とはなにか?

 

これは現象界に対しての潜象界のことです。

 

潜象界とは物質構造としての世界とは反対の自然の理の世界のことです。

 

ですから、実質的な世界が構築されているわけではありませんし、見ることも触ることもできません。

 

ただ、自然の理ですから、現象界と同時にいま我々の周りに存在している世界です。

 

その自然の理を極める整体技法が「潜象整体」です。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール

はじめまして、北陸の地方都市で開業させていただいている「山田あきこ」と申します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アラフォー主婦で、やんちゃな小学生男子を育てながら、毎日走り回ってます(笑)

いまから5年前に整体院を開業しました。

 

最初は整体スクールで技術を学んでも現場では効果をだせず、開業したとしてもこれではやっていけないだろうと思っていました。

ところが、「自然効能理論」を学んでからすべてが変わりました。

どんな整体技法もたった一つの要素で生きてくるんです!技は使えるようになり、開業も怖くなくなり、ついに自分の治療院を開業!

そんな素敵な方法をあなたに伝えたいと思います。

整体師になって、自分の院を開きたいという夢を持っている方、

あきらめる必要も、躊躇する必要もありません。

どんな状況のかたでも、いますぐ始められるのです!だって私ができたんですから。

 

整体「きこう堂」院主 山田あきこ

詳細プロフィールはこちら!

らくっと整体公式サイト
最近の投稿
最近の投稿
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
アーカイブ
カテゴリー