曲がりくねった松の木は痛くないのか?

曲がりくねった松の木を見ると、この木は腰痛にならないのか、と思う。

 

まあ、松ノ木の悲鳴を聞いたことがないので、痛くはないのだろう。

 

それどころか、その立ち姿には威厳や美しさを感じることがあるくらいだ。

 

そもそも命あるもので真っ直ぐな造形物など殆どない。

 

みなある程度の歪み、ゆらぎを生じながらバランスを取り、成り立っている。

 

とするなら、真っ直ぐに矯正することが良いことか、必ずそうとは限らないのではないか。

 

曲がっているなりに、バランスが取れていることが重要なのではないだろうか。

 

現に、同様な骨盤の歪みを生じていても、痛みがある者とない者の違いはそういう差であろうと思う。

 

そう考えると、矯正不可能な歪み、変形を持つ重症者にも進むべき方向性が見えてくる。

 

平脈なんて存在しません!

経絡治療をされる方は、脈を重視する。

 

そして平脈(すべての部位で強弱のない均一な脈)を目指します。

 

ですが、脈もまた同様だと思う。平脈というのは現実的に存在しない。つまり脈差があるのが正常な姿なのだ。

 

とすれば、一見脾虚にみえてもそうではない場合があり、また一見肝虚に見えてもそうでない場合があるということだ。

 

また、脈差があり、経絡の変動があるように見えても、無い場合もあるということにもなる。

 

つまり骨格の歪みも脈差も腹証も、差があるのが自然な姿ということになる。ではそれが自然な歪みか、異常な歪みかはどこで判別するのか。

 

それが診断学ということになる。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール

はじめまして、北陸の地方都市で開業させていただいている「山田あきこ」と申します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アラフォー主婦で、やんちゃな小学生男子を育てながら、毎日走り回ってます(笑)

いまから5年前に整体院を開業しました。

 

最初は整体スクールで技術を学んでも現場では効果をだせず、開業したとしてもこれではやっていけないだろうと思っていました。

ところが、「自然効能理論」を学んでからすべてが変わりました。

どんな整体技法もたった一つの要素で生きてくるんです!技は使えるようになり、開業も怖くなくなり、ついに自分の治療院を開業!

そんな素敵な方法をあなたに伝えたいと思います。

整体師になって、自分の院を開きたいという夢を持っている方、

あきらめる必要も、躊躇する必要もありません。

どんな状況のかたでも、いますぐ始められるのです!だって私ができたんですから。

 

福井県越前市粟田部町の癒しの空間

「きこう堂」院主 山田あきこ

詳細プロフィールはこちら!

らくっと整体公式サイト
最近の投稿
最近の投稿
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
アーカイブ
カテゴリー