腰が曲がるのは嫌だよ、姿勢を良くする秘訣

猫背になるのは嫌だ~って、そりゃそうですよ

 

高齢の方で腰が曲がるのが嫌だ、猫背になりたくない、と言って姿勢を良くしようと努力されている方がいますね。

 

時々、背中を伸ばして胸をはるようにしているとか、背伸びをしているとか、ぶら下がり健康器を使っているとか。

 

いろいろ努力されているお話は聞きます。

 

でも・・・。

 

おそらくどれもたいした効果は期待できないのではないでしょうか。

 

無理に背中を伸ばしても・・・痛いですよね。

 

がんばって胸をはっても・・・すぐ疲れてしまいますよね。

 

痛みがでるのは、それが不自然な姿勢だからです。

 

つまり、簡単にいうと無理をしている。

 

無理は続きませんし、理にかなっていないということなので、効果も期待できないのです。

 

 

でも、腰を曲げないようにするためには必要じゃないか、と思われるかもしれませんんが、姿勢を良くするというのは本来の自然な姿にするということであって、後天的ななにかを付け加えることではないんですよね。

 

これが筋トレなら別かもしれません。

 

例えば、マラソンにでるための脚力や持久力をつけるというのであれば多少の苦しい努力も必要でしょう。

 

でも、良い姿勢をとるということは「自然な姿勢」でなくては意味がない。

 

疲れてしまったり、痛みを我慢して良い姿勢をとってもダメだと思うんです。

 

では、どうしたらよいのか?

 

良い姿勢を取り戻すためには体のセンサーを正常にもどすのが最善の方法だと思っています。

 

良い姿勢を取り戻すには体の感覚を正常に戻すこと

 

簡単で、かつ一番の基本となるのは「丹田」の意識化です。

 

おなか、おへそよりも下にある丹田と言う場所を意識します。

 

そして、その上に上半身をただ置くように乗せると、体を立てること、腰を入れることが苦痛ではなくなってきます。

 

なぜなら、ただ乗せているだけだからです。

 

それで自然な脱力ができるわけです。

 

 

でも、ただ置きなさいといわれても、それ自体が苦痛だったりします。

 

しかし、丹田が意識化できていて、乗せるという感覚が分かっていれば、なぜ苦痛なのかもわかるはずなんです。

 

ここの関節が歪んでいるからだとか、この筋肉群が緊張しているからだ、とか。

 

そこで、その原因を取り除くようにしてやると、スムーズに乗せることができるようになります。

 

その原因を取り除く方法はもちろん「らくっと整体」で!(笑)

 

 

 

いえいえ、ストレッチなど自分でやれる範囲でも原因は解消できますよ。

 

では丹田の意識化はどうやってするのかということですが、これは一般的に普及している方法としては、やはり呼吸法ではないでしょうか。

 

基本は腹式呼吸、若い方ならヨガ、もしくは仙道の火の呼吸をされてみると意識化しやすいと思います。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール

はじめまして、北陸の地方都市で開業させていただいている「山田あきこ」と申します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アラフォー主婦で、やんちゃな小学生男子を育てながら、毎日走り回ってます(笑)

いまから4年前に整体院を開業しました。

 

整体スクールで技術を学んでも実際に治せない、開業したとしてもこれではやっていけないだろうと思っていました。

ところが、「らくっと整体」を学んでからすべてが変わりました。

整体技法は使えるようになり、開業も怖くなくなり、ついに自分の治療院を開業!

そんな素敵な方法をあなたに伝えたいと思います。

整体師になって、自分の院を開きたいという夢を持っている方、

あきらめる必要も、躊躇する必要もありません。

どんな状況のかたでも、いますぐ始められるのです!だって私ができたんですから。

 

整体「きこう堂」院主 山田あきこ

らくっと整体公式サイト
最近の投稿
最近の投稿
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
アーカイブ
カテゴリー