トリガーポイントという魅力手なテクニック!

これは局所治療、圧痛点治療でも同じことが言える。

 

経絡の変動があった場合、トリガーポイントでの治療成績は他の同じような症例に比べて落ちる。

 

対して経絡治療、経絡の変動があった場合その効果は劇的である。

 

しかし経絡の変動が無い場合、その他の同じような症例に比べてその効果はやはり落ちる。

 

というより全く効果があがらない。

 

よほど痛いところに通電治療でもしたほうが良い場合もあるくらいだ。

 

経絡治療で効果が上がらない場合は、そもそも経絡の変動が無いのかもしれないということを念頭に置かなければならない。

 

逆に局所治療で効果が上がらない場合、経絡の変動が治癒力を妨げている可能性を考えなければならないのである。

 

ただし、トリガーポイントによる治療の場合は少し違う。

 

同療法は単純な局所、圧痛点治療とは違うからである。

 

トリガーポイント治療が特別に効果があがる理由として、経絡治療の+反応点とトリガーポイントが一致している例が多くみられるからだ。

 

ただし、マイナスの反応点と重なってしまった場合は逆効果となってしまう症例もある。

 

この点には注意しなければならないが、それは診断をしっかりしておれば防げる事故である。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール

はじめまして、北陸の地方都市で開業させていただいている「山田あきこ」と申します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アラフォー主婦で、やんちゃな小学生男子を育てながら、毎日走り回ってます(笑)

いまから5年前に整体院を開業しました。

 

最初は整体スクールで技術を学んでも現場では効果をだせず、開業したとしてもこれではやっていけないだろうと思っていました。

ところが、「自然効能理論」を学んでからすべてが変わりました。

どんな整体技法もたった一つの要素で生きてくるんです!技は使えるようになり、開業も怖くなくなり、ついに自分の治療院を開業!

そんな素敵な方法をあなたに伝えたいと思います。

整体師になって、自分の院を開きたいという夢を持っている方、

あきらめる必要も、躊躇する必要もありません。

どんな状況のかたでも、いますぐ始められるのです!だって私ができたんですから。

 

福井県越前市粟田部町の癒しの空間

「きこう堂」院主 山田あきこ

詳細プロフィールはこちら!

らくっと整体公式サイト
最近の投稿
最近の投稿
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
アーカイブ
カテゴリー