スラストという技術について

カイロ特有の手技スラストについて。

 

厚生労働省のHPでは頸椎へのスラストは危険が大きすぎるという事で、すべての施術において禁止事項となっています。

 

いわゆる、ポキポキという音がする施術のことだが、さてこの「スラスト」なる施術方法は有効なのだろうか。

 

現在では骨のゆがみには効果はないけど苦痛には一時的には効果ある、というのが一般のカイロプラクターの見解となっているらしいのですが。

 

(ポキポキ音の正体について)
関節を急速に動かすと、関節の中の液体部が動くことによって、液体の中の気泡が割れる(この割れる音がポキポキ音だそうだ)。

 

気泡が割れ、液体部の容量が大きくなると関節自体の可動域が広がり、関筋肉がゆるむ。

 

すると、筋肉のコリが原因だった苦痛がやわらぐが、ただし数時間で元の状態に戻るので、また凝ってくる。

 

⇒またポキポキして欲しくなる。

 

⇒繰り返し。

 

というのが、現時点での代表的な解説ですが、正しいかどうかは確実ではありません。

 

このポキポキ音の正体についても、まだ解明されていはおらず、これも仮説にすぎないのです。

 

※私が学んだ20年前くらいは以上のように教えられましたが、もしかすると今は違う理論がでてきているかもしれません。

 

ただ、私の師匠もアメリカまで行ってカイロを学んだが、スラストについてはその効果、危険性などから同技法を疑問視されていました。

 

さて、らくっと整体においては関節の急激な回旋、牽引をおこなうスラスト技法は行っていません。

 

ですから、ポキポキして欲しい人には物足りなさを感じるかもしれませんね。

 

緩やかに押し込んでいく技法がメインである。これが日本整体の先人の選択です。

 

(注意)スラストがダメだと断言しているわけではありません。当スクールではその技法は採用しておりませんというだけですので、ご留意ください。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール

はじめまして、北陸の地方都市で開業させていただいている「山田あきこ」と申します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アラフォー主婦で、やんちゃな小学生男子を育てながら、毎日走り回ってます(笑)

いまから4年前に整体院を開業しました。

 

整体スクールで技術を学んでも実際に治せない、開業したとしてもこれではやっていけないだろうと思っていました。

ところが、「らくっと整体」を学んでからすべてが変わりました。

整体技法は使えるようになり、開業も怖くなくなり、ついに自分の治療院を開業!

そんな素敵な方法をあなたに伝えたいと思います。

整体師になって、自分の院を開きたいという夢を持っている方、

あきらめる必要も、躊躇する必要もありません。

どんな状況のかたでも、いますぐ始められるのです!だって私ができたんですから。

 

整体「きこう堂」院主 山田あきこ

らくっと整体公式サイト
最近の投稿
最近の投稿
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
アーカイブ
カテゴリー