つぼ(経穴)は人体情報ネットワークの特異点である

東洋医学でいわれる経絡やツボといわれるものは、人体機能の不調回復のための特異点だという認識はある。

 

でも、そのメカニズムはいまだに解明されてはいないらしい。

 

昔、いろんな研究者が経穴を発見しようと研究(解剖)を熱心にやったらしいが、いまだになにも発見されていない。

 

だから解剖学的にはツボ(経穴)は存在しないとされている。

 

でも本当にないのだろうか。

 

新しい考え方として、ツボは実質器官ではなくて、人体における情報ネットワーク(経絡)とその中継点(経穴)だという説がある。

 

私もそちらの説を信じているひとりだ。

 

その情報伝達は何で行われているのか。

 

間中喜雄先生という方がこの著書の中で詳しく述べている。


体の中には原始信号系というメカニズムがあり、その連絡システムは神経や電気信号だけでは説明ができない。

 

光や色、音にも反応し、また時間や空間を超えているようだと。

 

これはまさに「気」の世界ではないだろうか。

 

経絡やツボは鍼灸師だけの専売特許ではない。

 

整復や整体を考える上でも避けては通れない概念だと考えている。

 

これらを考えるにあたって既存の知識やイメージは一度消去しなければならない。

 

気や経絡の世界は解明されていないだけにイメージが先行しやすく、

思い込みが正しい理解を妨げる可能性が大きいからだ。

 

 

古流整体に残されている「見の技法」も経絡解明の技術のひとつだと考えている。

 

私には気そのものは見えないし、感じることもできないが、気と経絡は存在しており、

そのシステムに異常がでても体は歪みやコリといった反応を見せるのだと思っている。

 

その一つ一つの反応を見極め、それに対処していくことで、見えない「気」を整えることができると思っている。

 

ある日、こんな実験をしたことがある。

 

脈診ができる鍼灸師のかたに、らくっと整体の基幹の型の施術前と施術後で脈がどう変わるかを診ていただいた。

 

すると例外なく、良い脈い変化しているという。

 

これはすごいことではないだろうか。

 

脈は人体の一番表層に現れる「気」の変化だとされている。

 

つまり、脈の変化から「気」や経絡の変化をうかがい知ることができるという事だ。

 

すると、脈が良い方向に変化しているということは、らくっと整体の基幹の型には気と経絡を調整する技術があるということだ。

 

下手な経絡治療より、よほど効果が高いと褒めていただいた。

 

もちろん過分なお言葉だと思っている。(でもちょっと嬉しかった)

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール

はじめまして、北陸の地方都市で開業させていただいている「山田あきこ」と申します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アラフォー主婦で、やんちゃな小学生男子を育てながら、毎日走り回ってます(笑)

いまから5年前に整体院を開業しました。

 

最初は整体スクールで技術を学んでも現場では効果をだせず、開業したとしてもこれではやっていけないだろうと思っていました。

ところが、「自然効能理論」を学んでからすべてが変わりました。

どんな整体技法もたった一つの要素で生きてくるんです!技は使えるようになり、開業も怖くなくなり、ついに自分の治療院を開業!

そんな素敵な方法をあなたに伝えたいと思います。

整体師になって、自分の院を開きたいという夢を持っている方、

あきらめる必要も、躊躇する必要もありません。

どんな状況のかたでも、いますぐ始められるのです!だって私ができたんですから。

 

福井県越前市粟田部町の癒しの空間

「きこう堂」院主 山田あきこ

詳細プロフィールはこちら!

らくっと整体公式サイト
最近の投稿
最近の投稿
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
アーカイブ
カテゴリー