整体の定義ってのをクソ真面目に考えてみる、あら意外にも・・・

 


 

S.パリッシュ氏の整体概論を一部抜粋して、整体とはなにかを述べると、

 

「整体とは手技のみを用いて、骨格関節や筋腱の構造異常を正す方法」だと書かれています。

もう少し具体的に言うと、関節、筋腱に対して、屈伸などの運動手技を加える、

 

また経絡経穴などに適当な刺激を与えるなどして人体の健康管理、

 

疾病の予防を目的とした健康法(自然療法)だと言う考えです。

 

とすると、広義の整体はかなり応用範囲が広いということですね。

 

ただ、ここで重要なのはパリッシュ氏によると、整体とは疾病の治療法ではなく、

予防を目的とした健康法だと言っていることです。

 

また、整体とは屈伸などの運動法であり、整復法とは区別されています。

 

整体はあくまで矯正、整復は完全脱臼に対する処置です。

 

これには同意見できる部分もありますが、健康法だと言い切ってしまうことには若干の違和感を感じますね。

 

そもそも整体で調整可能なものは何か?

 

筋腱の位置異常?関節の亜脱臼?それらが調整可能なら整体とは立派な医療行為であると思う。

 

しかし、筋腱骨格の位置異常を矯正できるのは整復法の仕事であって整体法の役割ではないとも言えます。

 

では、整体の役割とはなにか?

 

筋腱、骨関節の動作不良の修正?

 

ならば、位置異常では無い。生理的位置関係は正常なのだが、なんらかの不具合が生じて動作不良を起こしているときに用いる手技が整体法だと定義できるでしょう。

 

ただし、整体という言葉自体が昭和に入ってから生み出された非常に新しい言葉であり、

じつは各流派、スクールによって整体の定義は異なるんですよね。

 

みなさんはどうお考えになりますか?

 

らくっと整体スクールでは整体を不完全亜脱臼の矯正をすることで、身体のバランスをとり、怪我の予防をする技術、と定義しています。

 

不完全が亜脱臼とはなんでしょうか。

 

「関節が正常な位置からずれることを、脱臼もしくは亜脱臼と言いますが、

レ線上では正しい位置にあるが、筋腱の異常な緊張もしくは動作不良により、亜脱臼を起こそうとする力が関節にかかり、痛みもしくは、不具合を発生している状態を不完全亜脱臼と言います」

 

 

難しいぞ!

 

その言い方、むっちゃ難しいぞ。一発で理解できる人いるでしょうか。

 

私には無理でしたね(笑)

 

よっく考えてみてね。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール

はじめまして、北陸の地方都市で開業させていただいている「山田あきこ」と申します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アラフォー主婦で、やんちゃな小学生男子を育てながら、毎日走り回ってます(笑)

いまから5年前に整体院を開業しました。

 

最初は整体スクールで技術を学んでも現場では効果をだせず、開業したとしてもこれではやっていけないだろうと思っていました。

ところが、「自然効能理論」を学んでからすべてが変わりました。

どんな整体技法もたった一つの要素で生きてくるんです!技は使えるようになり、開業も怖くなくなり、ついに自分の治療院を開業!

そんな素敵な方法をあなたに伝えたいと思います。

整体師になって、自分の院を開きたいという夢を持っている方、

あきらめる必要も、躊躇する必要もありません。

どんな状況のかたでも、いますぐ始められるのです!だって私ができたんですから。

 

福井県越前市粟田部町の癒しの空間

「きこう堂」院主 山田あきこ

詳細プロフィールはこちら!

らくっと整体公式サイト
最近の投稿
最近の投稿
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
アーカイブ
カテゴリー