脱炭素社会へ向かってシフトする世界、確実な変革

当会もクールチョイスに賛同しています!

クールチョイス公式サイト  https://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/

 

これ以上温度があがると、地球は原状回復が不可能なくらいの傷を負うことが危惧されています。

 

この100年間で日本の平均気温が1℃上昇。

 

温暖化の原因はいろいろと言われてはいますが、おそらくはCO2の排出過多。

 

なので、脱炭素社会を目指そう!

 

脱炭素社会の実現

 

先日のNHK特番で中国が脱炭素に向けて改革を進めている、といったテーマを取り上げていました。

 

脱炭素ってどういうことかと言いますと、石油、石炭などの化石燃料に頼らない、二酸化炭素をださないエネルギー政策ということです。

 

太陽光などの再生エネルギーの大規模開発と設置、また自動車のEV化に国をあげて進めているそうです。

 

大胆かつ、先進的な改革ですね。そのリーダー的存在を目指すというのが現中国の政策だそうです。

 

ただ、そううまくいくのかどうかは疑問視する声も多いようです。

 

例えば、電気自動車に求められるバッテリーの容量はハイブリッド車の10倍は超えます。そういう大容量のEV用電池を中国全土で必要な数を作れるメーカーはない。

 

もちろん中国だけでということではなく、それだけの生産量は世界中をみわたしても確保できない。

 

だからこそ米国のテスラ社は莫大な投資をして自らバッテリーメーカーになったわけで、中国はそれをさらに上回る投資をしなければならないわけです。中国だからこそできる革命なのでしょうか。

 

もちろん生産設備だけでなく、希土類や希金属などの原料も確保しなければなりません。

 

中国で希土類の採掘が大規模にされていましたが、それは環境無視の採掘方法で掘っていたからできた事で、いまは環境悪化のため、以前の生産量は確保できません。

 

日本ではレアメタルに依存しない電池の開発もすすめられていますが、日本が急激なEVシフトをしないのはそういった事情もあるのでしょう。

 

それに中国の自動車がすべてEV化したとして、それを充電する場合、その膨大な電力をどうやって確保するのか。

 

それを太陽光発電のみでまかなえるのでしょうか。

 

もちろんそれは同様に日本においても発生する問題でもあります。

 

ただ、ヨーロッパでは既に2030~2040年までにガソリンやディーゼルで走る車をゼロにすると宣言する国もでてきていますから、今後の世界は確実にEV化にシフトしていくはずです。

 

100%のEV化を成し遂げるためには、さらなる技術革新が必要ですが、地球環境保護のためにもぜひとも実現して欲しいものです。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール

はじめまして、北陸の地方都市で開業させていただいている「山田あきこ」と申します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アラフォー主婦で、やんちゃな小学生男子を育てながら、毎日走り回ってます(笑)

いまから5年前に整体院を開業しました。

 

最初は整体スクールで技術を学んでも現場では効果をだせず、開業したとしてもこれではやっていけないだろうと思っていました。

ところが、「自然効能理論」を学んでからすべてが変わりました。

どんな整体技法もたった一つの要素で生きてくるんです!技は使えるようになり、開業も怖くなくなり、ついに自分の治療院を開業!

そんな素敵な方法をあなたに伝えたいと思います。

整体師になって、自分の院を開きたいという夢を持っている方、

あきらめる必要も、躊躇する必要もありません。

どんな状況のかたでも、いますぐ始められるのです!だって私ができたんですから。

 

整体「きこう堂」院主 山田あきこ

詳細プロフィールはこちら!

らくっと整体公式サイト
最近の投稿
最近の投稿
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
アーカイブ
カテゴリー