野球肘

野球肘・テニス肘とは、投球動作などによって肘周辺の痛みや肘関節の可動域制限を訴えるものです。

 

しかし、ほとんどの場合、肘自体に原因があるわけではありません。

 

身体のバランスが崩れ、「肘に無理な力」が働く状態で動いていると発生することが多いようです。

野球肘のメカニズム  

野球肘は肘に無理な力が働いた結果発生します

 

主な原因は下半身のバランスです。

 

下半身のバランスが崩れていると、上半身が傾いてしまい、肘や肩はその傾きの中で、無理にバランスをとりながら動こうとします。

 

そのため、肘や肩が不自然にねじれた動きをしてしまい、痛みが出ることが多いようです。

症例1 (会員の先生の症例です 和心道整骨院様)

中学1年生 野球歴4年

3ヶ月前から右肘の運動制限と痛みがある

肘は90度しか曲がらず、力も入らない
投球を控え、安静を保つが症状の改善がみられないため来院

 

所見
両股関節の屈曲が強い

首肩周辺の筋肉の緊張がある
前腕部(肘から手首の間)の筋肉の緊張がある

 

治療
両股関節の動きが硬くなっていて、上半身を引っ張ってしまっている状態であったため、運動療法にて股関節周辺の筋肉を緩め、股関節が動ける状態に治す。

 

また、右前腕部(肘から下)の筋肉が硬くなっており、手首の動きも硬くなっていたため、手技療法、運動療法にて筋肉を緩める。

その他、首肩など、身体全体の動きのバランスを調整する。

 

経過
股関節を緩めた時点で肘の曲げ伸ばしが可能になり、手で肩が触れるまでになる

 

その後症状を確認しながら、右腕を含めた全体を修正

 

1回の施術でほとんどの症状が改善

投球動作をしても異常がなくなる

練習再開を指示する

 

肘や肩の症状の場合、「下半身がどのように上半身を支えているか」が重要な問題となります。

 

下半身の修正がなければ、肘や肩の不自然な動きは直りません。

 

肘や肩の故障を治すためには、下半身という「土台」の修正が重要なのです。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール

はじめまして、北陸の地方都市で開業させていただいている「山田あきこ」と申します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アラフォー主婦で、やんちゃな小学生男子を育てながら、毎日走り回ってます(笑)

いまから4年前に整体院を開業しました。

 

整体スクールで技術を学んでも実際に治せない、開業したとしてもこれではやっていけないだろうと思っていました。

ところが、「らくっと整体」を学んでからすべてが変わりました。

整体技法は使えるようになり、開業も怖くなくなり、ついに自分の治療院を開業!

そんな素敵な方法をあなたに伝えたいと思います。

整体師になって、自分の院を開きたいという夢を持っている方、

あきらめる必要も、躊躇する必要もありません。

どんな状況のかたでも、いますぐ始められるのです!だって私ができたんですから。

 

整体「きこう堂」院主 山田あきこ

らくっと整体公式サイト
最近の投稿
最近の投稿
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
アーカイブ
カテゴリー