釈迦の手のひらから出れなかった孫悟空

ゲームにはまっている息子を見て思うこと。

 

結局、ゲームというのはどんなに自由度が高いように思えても制作者の意図する範囲からは絶対に抜け出ることはできません。

 

なので、他人の手の上で遊ばせてもらっているに過ぎないと思うのです。

 

釈迦の手から抜け出ることができなかった孫悟空と同じように。

 

だから、息子にはゲームにはまるよりも、自分でなにかを作り出せる人になって欲しいと思っています。

 

もちろん孫悟空のお話とはレベルが違いますよ。

 

孫悟空が釈迦の手のひらから抜け出れなかったのは、どんなに特殊な能力を身に着けようと、どんな技術をもとうとも、生き物は決して「自然」の範囲からは出れないという意味だと思ってますので。

 

ところで、先日NHKの特番で講師の方が、今の子は教科書を読み解く力が無く、そのパートの内容を塾で教えてもらっている、という発言をされていました。

 

私は一瞬意味がわからなかったのです。

 

教科書が理解できないのに、塾はもっと無理なのではないかと思ってしまったんですね。

 

ちなみに国立情報学研究所の研究チームが独自の読解力テストを実施した結果、文章構造が理解できているかを問う設問群で、中学3年の正解率は75%だったそうです。

 

つまり、中学3年の25%が、教科書レベルの基礎的な読解力を身に付けていないということですよね。

 

2つの言い回しの違う文章の違いが分からないんだとか。

 

教科書や新聞記事のレベルの文章を、きちんと理解できない中高生が全体の4分の1もいるのだという事実に驚きました。

 

基礎的な読解力がないと自分の力で学習できないということです。

 

さらには、内容は理解していても、それを文章にしてノートに書き取ることができない、といった子供たちも増えているそうです。

 

知的な遅れはないものの、読み書きが苦手ということで「学習障害」と判断されるケースもあるそうですが、本当に障害なのでしょうか。

 

字が書けない、読めないというだけで、授業についていけず、自信をなくす子どもたちをどう教育するのが課題だと言っていましたが、なにやら空恐ろしい感じがするのは私だけでしょうか。

 

そこでタブレットを導入した授業を進めているという話題に移りましたが、私はそのタブレットでの授業を非常に疑問視しています。

 

結局それは、誰かが作ったシステム、アプリケーションで学び、それを使用する能力を発達させているのですから、自分で創作するという能力が育つのかどうか。

 

誰かが作ったのものではなく、自分でアプリケーションを作り出す能力を育て、それを使って学ぶ能力を育てることが大事ではないかと思います。

 

そこが自分で理解した内容を文章にまとめるという能力にもつながっていくのではないでしょうか。

 

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール

はじめまして、北陸の地方都市で開業させていただいている「山田あきこ」と申します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アラフォー主婦で、やんちゃな小学生男子を育てながら、毎日走り回ってます(笑)

いまから5年前に整体院を開業しました。

 

最初は整体スクールで技術を学んでも現場では効果をだせず、開業したとしてもこれではやっていけないだろうと思っていました。

ところが、「自然効能理論」を学んでからすべてが変わりました。

どんな整体技法もたった一つの要素で生きてくるんです!技は使えるようになり、開業も怖くなくなり、ついに自分の治療院を開業!

そんな素敵な方法をあなたに伝えたいと思います。

整体師になって、自分の院を開きたいという夢を持っている方、

あきらめる必要も、躊躇する必要もありません。

どんな状況のかたでも、いますぐ始められるのです!だって私ができたんですから。

 

整体「きこう堂」院主 山田あきこ

詳細プロフィールはこちら!

らくっと整体公式サイト
最近の投稿
最近の投稿
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
アーカイブ
カテゴリー