力は体全体の総合力から生み出される

「握力はどこから生まれるの?」

 

握力を測るとき、強い力を生み出すために、足を肩幅に広げ、重心を下げ、脇を閉め、歯を食いしばり、気合いとともに思い切り手を握ると思います。

 

仰向けになって、身体の力をだらんと抜いて握っても、強い力は生まれませんよね。

 

ここで質問。

 

「握力はどこから生まれるの?」

 

握力って、手で握って生まれる力だけど、「手だけ」で生まれる力じゃないんです。

 

これは、握力に限ったことではありません。

 

手、腕、頭、首、胸、腹、尻、脚、足・・・

 

身体って、たくさんの部品でできているけど、それぞれが単独で機能している訳ではないんです。

 

すべてがまとまって、一つの「身体」として機能している。

 

上記の例をとると、握る力が弱くなってしまったときに、一生懸命手を握る訓練をしてもダメなんです。かえって調子が悪くなってしまう。

 

「握る」という動作に関して、身体のどこが協力できなくなってしまったのか、そこを見極めて、直してあげないといけないのです。

 

「膝が痛い=膝が悪い」というように、身体を部分的に見ていると、いつまでたっても良くなりません。

 

身体全体を総合的に捉えて、一つの「身体」としてまとまるように直してあげる必要があるのです。

 

それぞれの部品が、まとまって、「一つの身体」として機能しだしたとき、身体は楽に、自由に動きだすのです。

 

さて、ここで簡単に握力を挙げる方法を教えます。

 

誰でも1週間で握力がアップします。

 

まるで魔法のような方法です。

 

次のことを1週間やってみてください。

 

自分の手のひらを上にして前腕部分を見つめながら1回握る。

 

次に前腕の筋肉の動きを意識、イメージしながら1回握る。

 

そして最後に、指先全部(5本とも)同時に意識を集中しながら、全力で1回握る。

 

以上です。

 

時間にして10秒程度でしょうか。

 

これをやると、筋肉の動きがスムーズになるんです。

 

それは、常に意識しているから。

 

たった1週間で筋力自体はアップしません。

 

でも、意識し、集中することで筋肉がいつもより滑らかに、スムーズに動くようになり、パフォーマンスが向上します。

 

結果、握力がアップするわけです。

 

実証実験では最大6㎏アップしました。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール

はじめまして、北陸の地方都市で開業させていただいている「山田あきこ」と申します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アラフォー主婦で、やんちゃな小学生男子を育てながら、毎日走り回ってます(笑)

いまから5年前に整体院を開業しました。

 

最初は整体スクールで技術を学んでも現場では効果をだせず、開業したとしてもこれではやっていけないだろうと思っていました。

ところが、「自然効能理論」を学んでからすべてが変わりました。

どんな整体技法もたった一つの要素で生きてくるんです!技は使えるようになり、開業も怖くなくなり、ついに自分の治療院を開業!

そんな素敵な方法をあなたに伝えたいと思います。

整体師になって、自分の院を開きたいという夢を持っている方、

あきらめる必要も、躊躇する必要もありません。

どんな状況のかたでも、いますぐ始められるのです!だって私ができたんですから。

 

福井県越前市粟田部町の癒しの空間

「きこう堂」院主 山田あきこ

詳細プロフィールはこちら!

らくっと整体公式サイト
最近の投稿
最近の投稿
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
アーカイブ
カテゴリー