人工肉っておいしいのか?

2013年にイギリスで人工肉のハンバーガーが作られた、と発表されたのを覚えている方も多いのではないでしょうか。

 

ただ、牛の幹細胞から培養された人工肉から1枚のパティをつくる製造費は約32万5千ドル(日本円で3500万!)もするそうで、実用化はされませんでしたが、とても衝撃的なニュースでした。

 

だからといって、人工肉を食べたい!とは思わないんですけどね(笑)

 

ところが先日、その製造費が約11ドルまで下がってきたというニュースを聞きました。

 

それでも1枚のハンバーグが約1200円するわけですからまだ高いですが、たった数年でそこまで下がったのかという驚きと、それならもう数年で実用的なコストまで下げられるのではないかと思い、急に人工肉が気になりだしました。

 

もしかすると、かなりの確率で食糧難となる未来には、庶民が手に入れられる肉は人口肉になっているかもしれないからです。

 

ただ、人工肉が実用化されれば、その一番の恩恵を受けるのは家畜たちですよね。

 

豚は1万年前から、牛は8000年前から食用にされるために家畜として飼われだしたそうです。

 

いわゆる畜産という産業ですが、思えばその家畜たちにとっては悲惨な状況であることに違いなく、ただ食べられるためだけに存在し、自由を制限され、食べられるためだけに太らされるわけですから、動物愛護の観点から言えば、とんでもない話です。

 

畜産に対して動物愛護団体が・・という話はあまり聞きませんが、そのあたりは見て見ぬふりなんでしょうか。

 

ですが、人類への安定した食料供給のためにはどうしてもシステム化された畜産業が必要であり、多くの人はこれらの家畜の悲惨な運命を考えることは無く、肉を食べます。

 

もちろん私も食べますが、その家畜たちを思えば、常に感謝して食べなければならないと思っています。

 

ですがこの技術の実用化によって、安くおいしい食肉が供給されるようになれば、一番の恩恵を受けるのは家畜たちだろうなと、思いました。

 

でも・・やっぱり人口肉は嫌かな・・。

 

みなさんは、どう思いますか?

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール

はじめまして、北陸の地方都市で開業させていただいている「山田あきこ」と申します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アラフォー主婦で、やんちゃな小学生男子を育てながら、毎日走り回ってます(笑)

いまから5年前に整体院を開業しました。

 

最初は整体スクールで技術を学んでも現場では効果をだせず、開業したとしてもこれではやっていけないだろうと思っていました。

ところが、「自然効能理論」を学んでからすべてが変わりました。

どんな整体技法もたった一つの要素で生きてくるんです!技は使えるようになり、開業も怖くなくなり、ついに自分の治療院を開業!

そんな素敵な方法をあなたに伝えたいと思います。

整体師になって、自分の院を開きたいという夢を持っている方、

あきらめる必要も、躊躇する必要もありません。

どんな状況のかたでも、いますぐ始められるのです!だって私ができたんですから。

 

整体「きこう堂」院主 山田あきこ

詳細プロフィールはこちら!

らくっと整体公式サイト
最近の投稿
最近の投稿
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
アーカイブ
カテゴリー