人口「増加」で破綻する日本

人口減少の間違いじゃないの?

 

いまの問題は「減少」ですよね。

 

でも、かつては人口増加で破綻すると言われていた時代もあったんですよ、日本には!

 

私も最近知ったので、ちょっとびっくりです。

 

さて、人口減少に関するニュースを見ました。

 

15歳未満の子どもの数は1571万人(4月1日時点)で、前年より17万人減り、36年連続の減少で、ピークだった54年(2988万人)のほぼ半数まで減ったことになるそうです。

 

また、総務省が国勢調査のデータをもとに推計したところによると、人口に占める子どもの割合は12.4%で、これも43年連続で低下。

 

最も高かった50年(35.4%)の3分の1近くにまで下がっているということで、子どもの割合を国別でみると、人口4千万人以上の31カ国中、日本の12・4%は最下位だそうです。

 

いずれにしろ日本の未来に非常に不安を感じるニュースではありますね。

 

じつは日本の人口減少は長い歴史の中では初めてではなく、これで4回目だそうです。

 

以前の人工減少の原因は気候変動やそれに伴う食糧の減少など、根本的な生存支持率の低下にあったそうですね。

 

ですが、それが再び増加に転じるのは自然な回復によるものではなく、人々の努力による技術革新があったからなのです。

 

縄文期の自然採取による食糧調達から農耕による食糧の安定供給へ、さらに室町から江戸期にかけては組織的な流通による食糧配分、そして明治期の産業社会への改革。

 

つまり自然回復したわけではないのです。

 

いまの日本の人口減少の原因は、過去にあったような食糧難でないことは明確です。

 

原因となっているのは現代社会の構造、それを打破するためには社会制度の改革が必要だと思っています。

 

このまま少子化が続くと、2050年には日本の人口は9000万人程度に減少すると言われています。

 

人口の減少はそのまま国力の低下となり、日本の地位は急落するとの見方が強いのですが、私は逆になぜ、明治維新以降、日本の人口は急増したのか、を考えてみました。

 

明治初期の人口は、3300万人。これは、江戸時代からほとんど変化がありませんでした。

 

人口が急増したのは明治から昭和にかけてのわずか半世紀ほどの間です。明治末には5,000万人となり昭和初期に8,300万人、戦後1億2000万人に増えました。

 

では明治以降の人口急増はどうして起こったのでしょうか?

 

そもそも当時の日本の国力、というより食糧自給力は約3000万石で、3300万人を養うので精一杯の状態だったはずです。

 

また税収はほとんど軍備と植民地政策に割かれていましたから、食糧を輸入する余裕もありませんでした。

 

ですから人口の急増は医学の進歩ではありませんでした。それは政府の政策としての富国強兵と殖産興業であろうと考えられます。

 

明治政府は、欧米列強と対抗するに、「産めよ、増やせよ」の人口増加策をとり、出産の補助金、育児費用などは現代よりもはるかに厚遇でした。

 

ところが逆に人口過剰社会となり、数々の深刻な社会問題ともなりました。

 

食糧自給率の問題から明治期の6000万人を国内では養えなかったのです。だから当時は海外移民が数百万人単位で行われたのです。

 

国内では食べていけなかったからです。

 

それがアメリカ、南米ブラジル、そして朝鮮半島、中国、満州への移民です。

 

当時、現代では想像がつかないような米騒動が大正、昭和にかけて起こっています。

 

人口過剰による貧富の差は深刻なものだったのです。

 

ですから当時は人口増加によって日本は破たんする、といった今とは真逆の警告を発する専門家もいたそうです。

 

そう考えてみると、人口減少は悲観する事ばかりではありません。

 

いま、世界的には人口増加に向かっており、そのために世界規模での食糧、水不足を懸念する意見もだされています。

 

そうなった時、はたして日本の人口減少は必ずしも悲観することとは言えないかもしれません。

 

いまの日本の食料自給率は約50%ですから、もし海外からの食料輸入が止まったら6000万人は飢えて死ぬわけです。

 

将来、世界的な食糧不足、水不足となった場合、はたして・・・。

 

 

怖い話ですよね。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール

はじめまして、北陸の地方都市で開業させていただいている「山田あきこ」と申します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アラフォー主婦で、やんちゃな小学生男子を育てながら、毎日走り回ってます(笑)

いまから5年前に整体院を開業しました。

 

最初は整体スクールで技術を学んでも現場では効果をだせず、開業したとしてもこれではやっていけないだろうと思っていました。

ところが、「自然効能理論」を学んでからすべてが変わりました。

どんな整体技法もたった一つの要素で生きてくるんです!技は使えるようになり、開業も怖くなくなり、ついに自分の治療院を開業!

そんな素敵な方法をあなたに伝えたいと思います。

整体師になって、自分の院を開きたいという夢を持っている方、

あきらめる必要も、躊躇する必要もありません。

どんな状況のかたでも、いますぐ始められるのです!だって私ができたんですから。

 

整体「きこう堂」院主 山田あきこ

詳細プロフィールはこちら!

らくっと整体公式サイト
最近の投稿
最近の投稿
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
アーカイブ
カテゴリー