パーマカルチャー

私は将来のエネルギー問題におおきな関心をもっていまして、時々、エネルギー関連のニュースなどをチェックしているのですが、最近、「パーマカルチャー」という造語を耳にしました。

 

パーマカルチャーとは、人間の生活にとっての恒久的に持続可能な環境を作り出すためのシステムのことを言います。

 

この言葉は、永久的なという意味のパーマネントと農業(アグリカルチャー)を組み合わせた造語なのですが、そのパーマカルチャーに世界的な関心が集まっています。あのロックフェラー財団がそのパーマカルチャーの研究費をだしているそうです。

 

それは何故かと言いますと、やはり将来的なエネルギー危機に備えてということではないでしょうか。

 

いま、世界各国で将来のエネルギーをどうするのか、脱炭素社会をどう実現していくのか、などが盛んに議論されています。

 

また、食糧危機の際に、どうやって食べ物を確保し、また作るのか、インフラがなくなった時にも生活を成り立たせるにはどうしたらよいのかということも盛んに議論されているそうです。

 

これって、エネルギーが枯渇した状況を考えているのではないかという話なのですが、そんな単純な話なのでしょうか。

 

これからの人口増加とエネルギー供給のバランスの崩れは、すでに起こっているとも言われています。

 

また、中国がいままでのエネルギー政策をひっくり返して、急にクリーンエネルギーに方向転換すると発表し、いま国を挙げて石油資源に頼らないエネルギー確保を急いでいますし、ヨーロッパ各国では2040年までにガソリン車は廃止にすると宣言しています。

 

世界は急速に脱炭素社会への転換を図ろうとしているわけで、可能な限り急いで次世代エネルギーが確保できたらその分だけ、すぐにでも脱炭素エネルギーに切り替えようとしているように見えます。

 

石油に頼らない、エネルギー分散の動きはすでに起こっているのです。

 

そこで、パーマカルチャーに関心がいくのは良い発想だと思いますが、これってかつての日本の循環型社会生活のことですよね。

 

自然からとれるものを無駄なく使い、また自然に還元していく、自立循環型の都市構造です。

 

ひたすら消費拡大してきたいままでの社会とは全く違う未来へと、世界は経済システム、社会構造などすべてにおいて、大きな転換を成し遂げようとしています。

 

未来のクリーンエネルギー、脱炭素社会、循環型構造に大きく期待したいと思っています。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール

はじめまして、北陸の地方都市で開業させていただいている「山田あきこ」と申します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アラフォー主婦で、やんちゃな小学生男子を育てながら、毎日走り回ってます(笑)

いまから5年前に整体院を開業しました。

 

最初は整体スクールで技術を学んでも現場では効果をだせず、開業したとしてもこれではやっていけないだろうと思っていました。

ところが、「自然効能理論」を学んでからすべてが変わりました。

どんな整体技法もたった一つの要素で生きてくるんです!技は使えるようになり、開業も怖くなくなり、ついに自分の治療院を開業!

そんな素敵な方法をあなたに伝えたいと思います。

整体師になって、自分の院を開きたいという夢を持っている方、

あきらめる必要も、躊躇する必要もありません。

どんな状況のかたでも、いますぐ始められるのです!だって私ができたんですから。

 

整体「きこう堂」院主 山田あきこ

詳細プロフィールはこちら!

らくっと整体公式サイト
最近の投稿
最近の投稿
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
アーカイブ
カテゴリー