なら60%でいけばいいじゃないか

らくっと整体の生徒さんが、介護用のオリジナルメソッドを作りたいということで、

 

要介護状態にならないための筋トレメニューを考えています。

 

考え方としては、日常動作に必要な筋肉量を70%とするならば、歳をとって、それが70%を切ると動きが辛くなる。

 

当たり前ですよね、必要な筋肉量が足りていないのですから。

 

なので高齢者は筋トレしようってさかんに言われているわけです。

 

そして、肉を食べろと。

 

でもそれが本当に正しいことかどうかは分からないと思っていますし、

 

また別な正解もあるのではないでしょうか。

 

例えばこんな考え方もあります。

 

日常動作に必要な筋肉70%を60%に減らしたらどうか。

 

どういうことかといいますと、動きの効率化、省エネ化を学んで、いままでよりも少ない筋肉量、エネルギー量で動けるような体づくりをすれば、筋肉量が減っても動けるのではないかという考えです。

 

実例がないのかと言えばそうでもありません。

 

昔の武術家はみなそうであったと思いますし、現代でもそのような研究をされている方はおられます。

 

武術研究で有名な甲野善紀先生も古武術の動きの理論を介護の現場で役立てられないかという提案をされていました。

 

武術の動きは効率化を目指す動きですから、その練習は少ない動きで力を発揮する省エネ動作に直結しているんですよね。

 

 

でもそれは若い頃から武術の修練をしてきた賜物です。

 

高齢者になってから、そんな練習をしなさいといっても、無理なのはわかっています。

 

なので、高齢者でも簡単に練習できる、動きの省エネ化のメソッドをつくっていこうというわけです。

 

完成したら、発表しますね。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール

はじめまして、北陸の地方都市で開業させていただいている「山田あきこ」と申します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アラフォー主婦で、やんちゃな小学生男子を育てながら、毎日走り回ってます(笑)

いまから4年前に整体院を開業しました。

 

整体スクールで技術を学んでも実際に治せない、開業したとしてもこれではやっていけないだろうと思っていました。

ところが、「らくっと整体」を学んでからすべてが変わりました。

整体技法は使えるようになり、開業も怖くなくなり、ついに自分の治療院を開業!

そんな素敵な方法をあなたに伝えたいと思います。

整体師になって、自分の院を開きたいという夢を持っている方、

あきらめる必要も、躊躇する必要もありません。

どんな状況のかたでも、いますぐ始められるのです!だって私ができたんですから。

 

整体「きこう堂」院主 山田あきこ

らくっと整体公式サイト
最近の投稿
最近の投稿
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
アーカイブ
カテゴリー