個人療術院を開業している人が気付いていない現実

これから柔道整復師を目指す方に

 

柔道整復師の方ならご存知だと思いますが、柔整師会と医師会との間で、ある取り決めが交わされました。

 

今後の整骨院からは、骨折、脱臼、捻挫などの傷病名を施術科目から削除するように、と。

 

つまり、そういった外傷は医師免許をもった整形外科医に任せなさいということです。

 

柔道整復師は別名「ほねつぎ」とも言われ、昔は骨折・脱臼を当たり前のように診ていましたし、そういった外傷が専門だったんですよね。

 

それを看板に書くな、という取り決めです。

 

つまり・・・柔道整復師はいま青色吐息の瀕死状態。

 

以前のような、外傷(怪我)の専門家を売りにできなくなってきています。

 

俺には関係ない、と思っている方に

私は柔道整復師じゃないし、関係ないやと思われている方。

 

整骨と整体は違うからね、と思っている方。

 

鍼灸、柔整の保険の取り扱いが厳しくなり、その施術内容にも厳しくエビデンスが求められるようになっています。

 

10年前とは何もかもが違ってくると思って間違いないでしょう。

 

そして、それは今後2~3年で、さらに厳しさを増します。

 

その後、ある程度の法整備が整った後、療術業界をどう生き残らせるかと言うことが、いま業界内で話し合われています。

 

で、整体、りらく系の療術をされている方、次にその波がくるのはたぶん、あなた方です。

 

なぜなら、いままで有資格だからと控えめにしていた鍼灸・柔整の方々がそういった業界に多数参入してくるからです。

 

それも、正式に保健所が認可したという許可証を掲げて。

 

すでに保険診療に見切りをつけて、自由診療で整体やリラクゼーション、エステなどを施術に加えている鍼灸・整骨院が急増中です。

 

そのような中、知識・技術ともに乏しい無資格整体師はどうしても不利になっていきます。

 

そういった療術に関わる施術者は、国家資格保有が当たり前になってくるからです。

 

そんな状況はすでに始まっていて、それが当たり前になるのに、あと10年はかからないでしょう。

 

さて、あたなはどういう対策を考えていますか?

 

 

 

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール

はじめまして、北陸の地方都市で開業させていただいている「山田あきこ」と申します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アラフォー主婦で、やんちゃな小学生男子を育てながら、毎日走り回ってます(笑)

いまから5年前に整体院を開業しました。

 

最初は整体スクールで技術を学んでも現場では効果をだせず、開業したとしてもこれではやっていけないだろうと思っていました。

ところが、「自然効能理論」を学んでからすべてが変わりました。

どんな整体技法もたった一つの要素で生きてくるんです!技は使えるようになり、開業も怖くなくなり、ついに自分の治療院を開業!

そんな素敵な方法をあなたに伝えたいと思います。

整体師になって、自分の院を開きたいという夢を持っている方、

あきらめる必要も、躊躇する必要もありません。

どんな状況のかたでも、いますぐ始められるのです!だって私ができたんですから。

 

福井県越前市粟田部町の癒しの空間

「きこう堂」院主 山田あきこ

詳細プロフィールはこちら!

らくっと整体公式サイト
最近の投稿
最近の投稿
2019年5月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
アーカイブ
カテゴリー