個人治療院の経営戦略5

ターゲットはただ一人!

 

マーケティングではまずセグメンテーションをします。簡単に言うと「分ける」ってことです。

 

患者様を分けるなんてって思われるかもしれませんが、現代医療はどれも分けてますよね。

 

そして、それぞれの専門領域を確立しています。

 

整体だって同じですよ。

 

老人と、スポーツ選手に提供する整体や筋トレ、ストレッチが同じなはずないですよね。

 

さあ、実際に考えてみましょう。

 

まずはセグメンテーションです。

 

あなたは「誰に」あなたの整体を提供したいでしょうか。

 

ここでは、具体的な○○さん、と言えるくらいに絞ることが理想です。

 

それが無理なら高校生のスポーツ選手(競技も具体的に)、とか社会人チームのどこのチームとか、ご近所の老人とか、絞っていきます。

 

できましたか?

 

次に行うのはターゲティング。

 

絞り込んだら、今度はそのうちの「誰に」というところまで決めます。

 

誰にアプローチするのか、それをターゲティングといいます。

 

繰り返しますが、絞り込んで、さらに絞り込んで、最終的なターゲットはたった1人というのが理想です。

 

なぜならより具体的になるから。

 

そして、その絞り込んだ「○○さん」にどのようなことを提供するのかを決めます。

 

決めることは4つです。

 

どんな技術、知識を提供するのか?

 

その料金はいくらなのか?

 

施術の場所やシステムは?

 

そして、それを「○○さん」にどのように認知(理解)してもらうのか?

 

それを決めたら、次は「○○さん」の視点から逆にこちらが提供しようとしていたサービスを考えます。

 

相手の立場からみて、提供しようとしていた施術内容は適正か?

 

料金は適正か?

 

利用してもらう場所やシステムは利便性があるか?

 

それをちゃんと理解してもらっているのか?

 

ここまでがマーケティングの超基本です。

 

そしてその「○○さん」の隠れたニーズを掘り起こすのがデザイン思考となります。

 

つづく!

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール

はじめまして、北陸の地方都市で開業させていただいている「山田あきこ」と申します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アラフォー主婦で、やんちゃな小学生男子を育てながら、毎日走り回ってます(笑)

いまから5年前に整体院を開業しました。

 

最初は整体スクールで技術を学んでも現場では効果をだせず、開業したとしてもこれではやっていけないだろうと思っていました。

ところが、「自然効能理論」を学んでからすべてが変わりました。

どんな整体技法もたった一つの要素で生きてくるんです!技は使えるようになり、開業も怖くなくなり、ついに自分の治療院を開業!

そんな素敵な方法をあなたに伝えたいと思います。

整体師になって、自分の院を開きたいという夢を持っている方、

あきらめる必要も、躊躇する必要もありません。

どんな状況のかたでも、いますぐ始められるのです!だって私ができたんですから。

 

福井県越前市粟田部町の癒しの空間

「きこう堂」院主 山田あきこ

詳細プロフィールはこちら!

らくっと整体公式サイト
最近の投稿
最近の投稿
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
アーカイブ
カテゴリー