これからの整体師はこうでなくちゃ!という私の自論

ご承知のとおり、柔道整復師の業務は脱臼、捻挫、打撲などの外傷に限られます。

その業務は40~50年前当時、整形外科がほとんどなかった頃には整骨院の業務でした。

若いかたはご存じないでしょうが、昔の整骨院はレントゲン検査もできたんです。

 

完全に整形外科の領域ですよね!

いまはその業務は整形外科医に完全に奪われています。

 

つまり、もう30年も前から整骨院の存在意義は薄れていく一方だったのです。

 

ですが、いまも、それから今後もおそらく整形外科医が参入してこれないであろうと思われる柔道整復師、整体師の業務が一つだけ残されています。

 

それが亜脱臼の整復です。

 

ある程度の怪我や長年の加重労働で少なからず発生する亜脱臼ですが、その整復だけは、整形外科医が参入しにくい分野なのです。

 

それはなぜか。

 

正常なら3か月で治癒するはず

関節の痛みの話を少しだけさせていただきます。

 

関節の痛み、筋肉の痛みは通常3か月程度で自然治癒し、痛み自体は無くなるのが通常です。

だから、どんな激しい痛み(例えば椎間板ヘルニア)でも、すぐ手術とはせず、3か月は様子をみましょうという医師が多いのです。

 

ただしそれは自然治癒力が正常に機能していた場合。

 

3か月を経過しても痛みがある場合、それは慢性疼痛と呼ばれ、通常の損傷とは違うなんらかの原因が続いているのです。

 

​そして、その原因の多くは亜脱臼という微小な関節のズレによると言われています。

 

また、その亜脱臼も痛みのある場所だけでなく、別な関節にもあってそれが関連しているケースもあります(ここ重要です!)

 

ですから、痛みはその関節だけを診ていても良くならない、とくに慢性疼痛に移行している場合は。

 

そして、この慢性疼痛に関しては整形外科での治療は「痛み止めとシップ、そして理学療法」というお決まりのコースしか用意されていません。

 

それは保険点数の事情や、亜脱臼自体はレントゲンにもMRIにも写らないといういくつかの理由があります。

 

またその整復にはある程度時間を取られるといった理由もあります。

 

ですから、整形外科医はこの分野には参入せず、理療に任せているのです。

 

当塾では、亜脱臼整復という分野だけは整体師、柔道整復師に残された最後の聖域であると考えます。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール

はじめまして、北陸の地方都市で開業させていただいている「山田あきこ」と申します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アラフォー主婦で、やんちゃな小学生男子を育てながら、毎日走り回ってます(笑)

いまから5年前に整体院を開業しました。

 

最初は整体スクールで技術を学んでも現場では効果をだせず、開業したとしてもこれではやっていけないだろうと思っていました。

ところが、「自然効能理論」を学んでからすべてが変わりました。

どんな整体技法もたった一つの要素で生きてくるんです!技は使えるようになり、開業も怖くなくなり、ついに自分の治療院を開業!

そんな素敵な方法をあなたに伝えたいと思います。

整体師になって、自分の院を開きたいという夢を持っている方、

あきらめる必要も、躊躇する必要もありません。

どんな状況のかたでも、いますぐ始められるのです!だって私ができたんですから。

 

整体「きこう堂」院主 山田あきこ

詳細プロフィールはこちら!

らくっと整体公式サイト
最近の投稿
最近の投稿
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
アーカイブ
カテゴリー